尿酸値を下げるサプリメント

尿酸値を下げるサプリメントランキング!

特に男性に多いとされる尿酸値の高さからくるトラブルは中年以降の女性にも油断なりません。対策としては食事や運動をしながら生活習慣を整えていくのが一番ですが、飲食が元で数値が心配になっているだけに節制には苦労を伴うでしょう。

 

食事制限の辛さのあまり反動で美味しいものを飲み食いしてしまっては意味がありませんからサプリメントで無理なく対策するのも一つの方法です。当サイトは数あるサプリメントの中で人気商品をランキング形式で紹介します。

 

白井田七の特徴

白井田七は、暴飲暴食や不摂生な生活がたたった人が感動するほどの漢方系サプリメントです。高麗人参の7倍もの有用成分を秘めた田七人参を有機玄米のつなぎだけ使ってサプリメントにしているので実質ほぼ田七人参そのものを飲んでいるようなもの。お酒が止められない人、食べるのが大好きな人の味方となって生活を楽しむ余裕を生んでくれるでしょう。通常は6480円の白井田七ですが、毎月お届けコースなら初回3980円、2袋おまとめセットなら7960円とお得になります。

価格 3980円
評価 評価5
備考 15日間返金保証

 

慈凰の特徴

高品質な海洋性アンセリンを業界トップクラスの配合量詰め込んでいるのが慈凰です。プリン体を排出する働きが注目されているアンセリンが高配合されているのは期待できます。菊花ポリフェノールやシークワーサーフラボノイドなど、数々の排出や代謝を促す成分が配合されているので、強力に尿酸やプリン体の対策に役立ってくれるはずです。通常は9800円の慈凰は、今なら初回7840円、さらに3箱セットなら19600円、6箱セットなら38200円とお得に購入できます。

価格 7840円
評価 評価4
備考 初回購入20%OFF!

 

恵葉プレミアムの特徴

高純度のアンセリンや希少なキャッツクローをはじめとした数々の有用成分がバランスよく配合されているのが恵葉プレミアムです。プリン体や糖、脂のとりすぎが気になっても、続けるうちに毎日のスッキリを実感できるようになるでしょう。天然成分が選ばれているのも安心ですが、製薬工場で製造されているほど加工にこだわっているのも信頼できます。単品では7980円の恵葉プレミアム、3本なら19800円、6本なら38400円とまとめ買いがお得です。

価格 7980円
評価 評価3
備考

 

尿酸値を下げるならサプリメントが効果的?

 

尿酸値は普段の食生活を改善することで低下させることができます。しかし、思うように食生活の改善ができないという方は、食生活の改善を意識しつつサプリメントを使用するのも一つの手段です。

 

クエン酸サプリメント

 

クエン酸には尿酸をアルカリ性に変えてくれる効果があるため、尿酸値を改善するのに効果があると言われています。また、クエン酸は体内に溜まった尿酸を尿に溶かし効率よく排出する働きもあります。

 

尿酸値を下げるのに有効なクエン酸ですが、尿酸値が高すぎると診断された場合はクエン酸の摂取だけでは不十分です。医療機関で適切な治療を受けることが必要です。

 

大豆由来のサプリメント

 

大豆は健康成分を凝縮した自然のサプリメントです。大豆自体を食べることもオススメですが、大豆由来のサプリメントを摂取することで多くの栄養を効率よく摂取することができます。

 

サプリメント摂取の際の注意点

 

サプリメントは薬とは違い、劇的な効果があるものではありません。まず食生活の改善を意識し、そのサポートしてサプリメントを摂取するようにしましょう。

 

安価なサプリメントには注意が必要です。尿酸値を下げるのに有効な成分は微量で、他の成分が過剰に配合されている場合があります。

 

また、購入前には成分表をしっかりと確認しましょう。余分な添加物が入っているサプリメントは、身体に悪影響を及ぼします。なるべく自然由来の素材を使ったサプリメントを選ぶようにしましょう。アレルギーを持っている方も事前に成分表をチェックし、自分が持っているアレルギーに注意して飲むようにしましょう。

 

 

こんな人は尿酸値が高くなりやすい!

 

尿酸値異常が発見された場合、生活習慣や食生活が原因となっている場合が殆どです。健康診断や人間ドックで尿酸値が高いと診断された方は、自分の生活を見直してみましょう。生活を改善することで尿酸値は下げることができます。

 

外食、お酒を飲む機会が多い食生活

 

尿酸値は身体を動かした際のエネルギーの燃えカスとして生成されますが、食事からも尿酸は生成されます。尿酸の元になるのがプリン体という成分で、アルコールやレバー類、一部の魚介類に多く含まれています。これらを摂取すると、肝臓がプリン体を分解し、その際に尿酸が生成されてしまいます。

 

外食が多い、アルコールの付き合いが多いという方は、尿酸値が上がっている場合が多いです。尿酸値を上げないように、プリン体を含む食品やアルコールは避け、野菜中心のバランスの良い食事を心がけましょう。

 

ストレスが溜まりやすい生活

 

24時間社会と言われる現代では、仕事上のストレスはもはや当たり前のものになっています。そのストレスが尿酸を作る原因となっているのです。

 

人間はストレスを感じると、交感神経が過度に緊張し、血管が収縮してしまいます。そうなると血流が滞り、血行が悪くなります。また同時に活性酸素が増え、これらが体内組織を破壊し、尿酸のもとあるプリン体を作り出してしまいます。

 

血流が悪い状態ですと、体外へ尿酸を上手く排出することができません。このような過程で、尿酸値は上昇してしまうのです。

 

ストレスを感じたら、その日のうちになるべく解消したり、休日にゆっくりすごして身体を休ませるなど、ストレスを貯めない生活を送るように心がけましょう。

更新履歴