アルコールと尿酸値

尿酸値は生活習慣や食生活に大きく左右されます。重篤でない場合、これらを改善することで尿酸値は正常に戻ります。特に、アルコールは尿酸値を上げる原因となりますので、治療中はアルコールの摂取は厳禁です。

 

アルコールを飲むと尿酸値が上がる理由

 

アルコールは肝臓で分解されます。その際にできた不要物が尿酸です。また、アルコールを分解する際には乳酸も生成され、その乳酸が尿酸を蓄積することで尿酸値が上がります。

 

ビールなどの一部のアルコールには尿酸の原料となるプリン体が多く含まれています。プリン体を分解する際に尿酸が生成されるので、アルコールを飲むと尿酸値が上昇するのです。

 

酒の肴も尿酸値を向上させる

 

アルコールを飲むと食欲が増進します。また、酒の肴は味付けが濃い物が多数です。ビールと一緒に串焼き、となると、プリン体の塊となります。串焼きの中でも特に動物の内臓を使った食べ物はプリン体を多く含みます。アルコールを飲むとつい手が出がちな酒の肴ですが、なるべくプリン体の少ない食品を選びましょう

 

尿酸値を上げないアルコールの飲み方

 

アルコールを長期間飲んでいると、尿酸値は上がりっぱなしです。すぐにアルコールを止めることはできない、という方は、週に二日はお酒を飲まない「休肝日」を設けると良いでしょう。

 

アルコールの分解は主に肝臓で行われます。この肝臓を休ませてあげることで肝臓機能が正常に戻り、尿酸値も低下していきます。

 

また、アルコールを摂取する際は適量を守って飲むことが大切です。過剰摂取は肝臓に大きな負担をかけ、尿酸値を上げるだけでなく肝臓機能に障害が出てしまう場合があります。肝臓疾患は初期症状がないため、気付かないうちに肝臓を痛めているという場合もあります。

 

楽しくお酒を飲み続けるためにはある程度の我慢も必要となってきます。長くお酒を楽しみ続けたい方は、これらのことに注意しながらお酒を飲むようにしましょう。