尿酸値を下げる食事療法

尿酸値と食生活は密接な関わりがあります。

 

尿酸は様々な製造過程がありますが、そのうちの一つに、食品に含まれるプリン体を分解して作られるという過程があります。

 

尿酸を無駄に体内に溜め込まないためには、食生活を見直し改善することが必要です。

 

尿酸値を上げない食材選び

 

基本は、カロリーの少ない食品を選ぶことが重要です。インスタント食品や添加物の入ったコンビニ弁当などは避け、なるべく自炊するようにしましょう。

 

また、野菜、海藻類、果物を積極的に取り入れ、尿をアルカリ性に保つことで尿路結石などの病気を防ぐことができます。プリン体を含む食品の摂取がなるべく避けましょう。どうしても取り入れたい場合は、少量に止めておきましょう。

 

尿酸値を上げない調理方法

 

尿酸値の元となるプリン体は、食材を茹でることである程度落とすことができます。プリン体を含む食材は茹でる調理法を基本に作っていきましょう。

 

また、食肉に含まれる脂は調理前になるべく切り落としておきましょう。一手間加えるだけでカロリー摂取はかなり抑えることができます。

 

味付けは薄味を基本にしましょう。味付けの濃い物は尿酸値を上げる原因になります。レシピがあれば、載っている量をきっちり守り調理しましょう。

 

全体のバランス

 

尿酸値の少ない食事を作る際は、定食をイメージして献立全体でカロリーや脂分のバランスなどを整えましょう。また、全体のカロリーが多くなりすぎたら、主食の量を減らし調節しましょう。総カロリーを少なくするように意識することがポイントです。

 

食材をよく噛み、ゆっくりと食事をすることで満腹感が得られます。普段から腹八分目に抑えるなどを心がけ、高エネルギーの食事にならないように注意しましょう。