尿酸値を下げる飲み物

高い尿酸値は食生活を見直すことで改善することができます。尿酸値が高いまま放置しておくと、重篤な病気に繋がってしまいます。

 

食生活を見直す中で、飲み物も意識すると良いでしょう。体外から水分を補給することで排尿を促し、尿に含まれる尿酸を排出することができます。

 

カフェインに含まれる利尿作用

 

利尿作用のある身近なお茶として、お茶や紅茶、コーヒーなどがあげられます。また、健康茶として売り出されている杜仲茶やどくだみ茶にも利尿作用があります。

 

お茶に含まれるカフェインが排尿を促し、利尿作用を生み出してくれるのです。しかし、カフェインの摂り過ぎはカフェイン中毒などの症状が出てしまう恐れがあるので、摂取量には注意しましょう。

 

身体に優しい水で自然に排出

 

一方、水には添加物やカフェインなどが含まれていないため、安心して飲むことができます。水に重曹やレモン汁、黒酢などを混ぜて飲むと尿をアルカリ性にすることができ、尿路結石などの病気を防ぐことができます。一日2リットルを目安に飲み続けると尿酸値を下げることができます。

 

避けるべき飲み物

 

清涼飲料水は尿酸値を上げる飲み物です。また、清涼飲料水に含まれる添加物や糖分は尿酸だけでなく、身体に様々な悪影響を及ぼします。

 

また、アルコール類は肝臓機能に大きな負担をかけます。特に尿酸の元となるプリン体が多く含まれているビールは飲まないようにしましょう。

 

尿酸値が気になる方は身体に負担をかけない排出を心がけ、尿酸値を上げる飲み物は避けるようにしましょう。