尿酸とは?

尿酸とは、元々人間の体内に存在している物質で、体内で作られる量と排出される量のバランスにより体内で一定量を保っています。

 

尿酸の役割

 

尿酸の原料となるのがプリン体と呼ばれる物質です。プリン体は遺伝子を構成している物質で、細胞の新陳代謝により排出されます。また、身体を動かす際に使われるエネルギー物質の燃料によっても作られます。

 

このプリン体が肝臓で分解され作られた老廃物が尿酸です。尿酸は、人間が生きていく上で作られた物質の燃えカスと言えます。

 

尿酸の作られ方

 

尿酸は三つの過程により作られます。

 

前述で触れたとおり、尿酸はプリン体から作られます。身体の中では常に新しい細胞が生まれ、古い細胞が死んでいく新陳代謝という働きがなされています。

 

この古い細胞が死んで行く時に、遺伝子の構成していたプリン体が体内に放出され、肝臓で分解された時に尿酸が作られます。

 

二つ目の過程は、運動によるエネルギー消費による作成です。呼吸をする、心臓を動かす、身体を動かすなどの生きていく上で必要な身体活動を行う際に、体内でエネルギーが燃焼されます。そのエネルギーのうちの一つが「ATP」と呼ばれるものです。

 

ATPがエネルギー消費のために分解された場合、殆どが再利用されるため、ATPから尿酸が生まれるのはごく僅かです。しかし、急激な運動でATPが大量に使われると、再利用が追いつかなくなり、結果、尿酸が増えてしまうのです。

 

三つ目の過程は、食品に含まれるプリン体からの作成です。プリン体は細胞核の中にある遺伝子に存在する物質です。このため、細胞数が多い食材に多く含まれています。代表的な食べ物として、動物の内臓や魚卵などがあげられます。