尿酸値の検査方法

尿酸値は健康診断や人間ドック、医療機関での検査で測定することができます。尿酸値が気になるという方は医療機関で定期的に測定することをオススメします。尿酸値が高い場合は保険が効くので、料金的な負担は少なく気軽に検査することができます。

 

では、その尿酸値はどのようにして測定するのでしょうか。

 

尿酸値は尿でなく血液検査で測定

 

尿酸値は文字どおりに読むと、尿検査で判明すると思われがちですが、実は血液中に含まれる尿酸値を測定して数値を出しているのです。なので、尿酸値を測定する場合、泌尿器科ではなく内科で検査を受けましょう。

 

検査前の注意事項

 

尿酸値は血液を採取して、自動分析器で測定をします。尿酸値を測定する場合、検査前日の夕飯は厳禁です。コップ一杯の水のみでしたら飲んで大丈夫です。また、激しい運動をすることで血液中の尿酸値が一時的に高くなる場合があります。検査前は安静にし、早めに睡眠を取ることをオススメします。

 

尿酸値に異常が見られたら確定診断を受けましょう

 

血液検査で尿酸値が高いと診断された場合、確定診断を受け詳しい状態を調べましょう。各店診断では、尿酸代謝に関わる様々な検査を受けます。検査方法は心電図、眼底検査、より詳しい血液検査などが行われます。

 

尿酸値が高くなるとまず疑われるのが痛風の発症です。痛風は上記の検査方法で診断することができますが、痛風以外の病気が疑われる場合、腎臓検査やコレステロールと血糖の測定などが行われます。検査方法は尿検査屋超音波診断などが行われます。医療機関によりこれらの設備がない場合がありますので、検査前に下調べを行っておくといいでしょう。